【京都】クラフトビールがおいしい!京都のビアパブ【10選】

ビール
スポンサーリンク

京都はクラフトビールの聖地

京都はクラフトビールの聖地といえるほど、クラフトビールの醸造所が多いです。日本酒の醸造技術を活かした蔵元や京都を愛する外国人のブルワリーなど、さまざまな想いや技術が詰まったビールが楽しめます。

京都のビアパブはクラフトビール醸造所が経営するタップルームやアイリッシュパブ、クラフトビール専門店など、ビール好きの目的に合わせたビアパブがたくさんあります。京都自が外国人が多く集まる場所でもあるので国際交流を求める人も多く、ビールを通じたコミュニケーションも盛んです。京都で飲みにゅけーションができる!おすすめビアパブをご紹介します。

京都でおすすめのビアパブ10選

  • 京都でおすすめのビアパブ①:HUB
  • 京都でおすすめのビアパブ②:Takumiya
  • 京都でおすすめのビアパブ③:Takanoya
  • 京都でおすすめのビアパブ④:BEFORE9
  • 京都でおすすめのビアパブ⑤:Main the Blue
  • 京都でおすすめのビアパブ⑥:ピッグアンドホイッスル
  • 京都でおすすめのビアパブ⑦:BEER PUB ICHI-YA
  • 京都でおすすめのビアパブ⑧:Kyoto Beer Lab.
  • 京都でおすすめのビアパブ⑨:THE STONES KYOTO
  • 京都でおすすめのビアパブ⑩:家守堂

京都でおすすめのビアパブ①:HUB

HUBは日本全国にあるブリティッシュパブチェーンでスポーツ観戦や会話が楽しめます。若い世代の人たちが多く、にぎやかな雰囲気が特徴です。京都市内には京都タワーの裏にある「HUB京都店」・京都のビジネス街「HUB四条烏丸店」・京都の飲食店エリア「HUB三条木屋町」の3店舗があります。

客層としては20代前半や外国人が多く、出逢いを探している人たちが多いです。イギリスのパブのような雰囲気で、サッカーの代表戦などのスポーツを大人数で観戦したい時やワイワイした雰囲気が好きな人におすすめです。

HUBオリジナル「ハブエール」

HUBのおすすめビールはHUBのオリジナル「ハブエール」です。ハブエールはクラフトビール国内第1号醸造所・エチゴビール(新潟)が醸造しており、HUBでしか飲めません。樽詰め当日に冷蔵発送された鮮度抜群のビールで、春夏と秋冬で味を変えています。

ハブエールは芳醇なホップな香りとラガーのようなのどごしの良さが特徴です。1パイントをゆっくり時間をかけて飲みながらフィッシュアンドチップスを食べていると、ビールの本場・イギリスにいるかのような気分が味わえます。

HUBを予約するならこちら

京都でおすすめのビアパブ②:Takumiya

京都で有名なクラフトビール専門店といえば「Takumiya」の名前が出てくるほど、ビール好きに有名なビアパブです。Takumiyaは約300社のクラフトビールブルワリーと提携しており、日替わりで常時10種類以上のタップビールが楽しめます。

Takumiyaは人と人との繋がりを大切にしているパブで、ビールを通じて新しいコミュニティーが広がるお店です。フードメニューにもこだわっており、京都産の食材を使用した和風テイストのフィッシュアンドチップスやシュウマイがおすすめです。

京都醸造の樽生が飲めます!

Takumiyaは「京都ナンバーワン」ともいえるクラフトビールの品揃えで、ブルワリーとの提携数が多いのが特徴です。タップビールは西日本を中心に取り揃えていて、京都産のクラフトビールは常備されています。

京都醸造のビールが樽生で飲める貴重なビアパブとしても知られており、Takumiyaに行ったら必ず飲んでほしいブルワリーのひとつです。タップの価格は多少高いので客層は30代以降が多く、落ち着いていいます。アットホームにゆっくり飲めるお店で京都ビアパブのなかでもファンの多いお店です。

TAKUMIYAの予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ③:高野麦酒店 Takanoya

高野麦酒店 Takanoyaは「Takumiya」の姉妹店で、海外のクラフトビールを中心に置いています。苦みが効いたIPAやコクが深いスタウトなどさまざまな種類のビールがあり、普段飲めない銘柄が多いです。

海外のビールが樽生で飲める貴重なビアパブでタップビールは常時10種類あります。海外ブルワリーのビールが多いので、ビールだけでなくサイダーの種類も豊富です。ビールやサイダーに合うフードメニューも充実しており、京都のやさしい出汁が効いた和食メニューが人気です。

海外のクラフトビールとサイダーが楽しめる!

高野麦酒店 Takanoyaでおすすめのビールは、樽生のクラフトビールとサイダーです。サイダーとはリンゴの炭酸ソーダで、欧米ではビールと同じようにサイダーもポピュラーなアルコールです。

ビールが苦手な人でも甘みのあるアップルサイダーなら飲めるという人も多く、サイダーを飲んだことがない人にはぜひ試してほしいと思います。炭酸が効いてすっきりしているので、のどごしのよさも魅力です。

高野麦酒店 takanoya の予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ④:BEFORE9

BEFORE9は日本酒とクラフトビールが飲めるモダンなビアパブで、おしゃれな雰囲気でアルコールをゆっくり愉しみたい人におすすめのお店です。BEFORE9のこだわりは日本の醸造酒を提供しており、お酒・空間・人がクラフトであることを意識しています。

日本国内はワイナリーやブルワリーが年々増えており、日本の醸造家のこだわりや技術は素晴らしいです。BEFORE9で国産醸造酒のすばらしさを体感してほしいと思います。

うすはりのグラスで頂く!極上のクラフトビール

BEFORE9の好きなところはうすはりのビールグラスです。口当たりが滑らかなので、ビールの口当たりが繊細に感じられ、ビール本来の味をじっくり堪能できます。うすはりグラスは大正時代に日本人が電球のガラスをヒントに考案しました。

日本産のビールには日本産のグラスがよく合います。フードメニューは和食をベースにしていて、ビールや日本酒によく合います。BEFORE9は静かなデートや2件目におすすめです。

BEFORE9の予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ⑤:Man in the Moon

Man in the Moonは(マンインザムーン)は京都の老舗アイリッシュパブで京都市内に4店舗構えています。お酒好きの常連客が多いですが、ひとりで行っても歓迎してくれるあたたかいビアパブです。

パブの元々の語源「パブリックハウス」のコンセプトを大事にし、見知らぬお客さん同士が気兼ねなく一緒に飲める雰囲気を大切にしているそうです。

京都のアイリッシュパブの代名詞

マンインザムーンは外観から内装まで、本場のアイリッシュパブを再現しており、まるでイギリスにいるかのような雰囲気を味わえます。京都駅前店は常時8種類、烏丸店は13種類、祇園店は10種類の樽生ビールがあります。

アイリッシュパブといえば、定番のギネスビールは欠かせません。樽生のギネスのきめ細やかな泡はまさに世界を代表するビールです。クリーミーな泡とコクのある黒ビールの味わいはぜひ1杯目に飲んでください。

Man in the Moon 京都駅店の予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ⑥:ピッグアンドホイッスル

ピッグアンドホイッスルは京都でもっとも歴史があるブリティッシュパブで、100名まで収容できる大箱のビアパブです。店内にはビリヤードやダーツも併設され、ロンドンのパブさながら雰囲気を楽しめます。

レディースデイや学割など嬉しい割引サービスが充実しており、リーズナブルに飲めるビアパブとして人気があります。ビール以外にもシングルモルトのスコッチウイスキーが充実しており、カウンターでゆっくり愉しむのもおすすめです。

本場のパブをリーズナブルに楽しめる名店

ピッグアンドホイッスルはアイリッシュパブ定番のギネスやキルケニーなど、きめ細かい泡と深きコクが特徴のアイリッシュビールが樽生で飲めます。ほかにも京都醸造の限定醸造ビールなど、国内街の特別なビールがほかのパブよりも安く提供されています。

フードメニューはイギリスのパブさながらのフィッシュアンドチップスやシェパーズパイなどが楽しめ、ブリティッシュパブ好きにはたまりません。

ピッグ&ホイッスルの予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ⑦:BEER PUB ICHI-YA

BEER PUB ICHI-YA(ビアパブイチヤ)は京都のマイクロブルワリー・一条寺ブリュワリーがプロデュースしており、一条寺のブリュワリーの樽生が飲める貴重なビアパブです。樽生ビールの飲み比べセットがあり、3種類のビールの比較が楽します。

一条寺ブリュワリーは小麦を原料にしたヴァイツェンが得意で、ハーブやフルーツの甘い香りが特徴です。普段あまりビールを飲まない人でも飲みやすいビールがたくさんあります。フードメニューは京都の白味噌を利用したおでんやおばんざいなど京料理が充実しており、京都グルメをふんだんに楽しめるビアパブです。

一条寺ブリュワリーの直営パブ

一条寺ブリュワリーのビールはハーブやスパイスを使ったフルーティーなクラフトビールが多く、女性に人気があります。定番ビールはゴールデンエールでハーブとスパイスが効いていて、豆乳おでんとの相性が抜群です。

フルーツビールのラインナップが多いベルギータイプのビールが多く、季節に合ったフレーバーが楽しめます。飲み比べセットでビールの味の違いを楽しんでみてください。

BEER PUB ICHI-YAの予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ⑧:Kyoto Beer Lab.

Kyoto Beer Lab.は京都ビアラボの併設タップルームで、平日は15時から土日祝は13時からオープンしています。Kyoto Beer Lab.の出来たてのビールが常時8種類あり、季節ごとにさまざまなフレーバーを提供しているのでいつ来店しても楽しいお店です。

ビールは1Lのクラウラー缶でのテイクアウトも行っています。クラウラー販売は完全予約制のため、前日までに予約フォームから予約が必要です。

京都和束産の茶葉を使用したCHABEERが人気!

Kyoto Beer Lab.は京都和束産の茶葉を副原料にしたビールが看板商品で、深蒸し茶やほうじ茶・かぶせ茶など、お茶の風味を生かした珍しいビールが飲めます。

ほうじ茶はロースト感がしっかりした黒ビールで、深蒸し茶は茶葉の苦みをいかしたIPAで仕上げています。日本茶を使用しているので、京都のやわらかい出汁が効いたフードとの相性抜群です。

京都ビアラボの予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ⑨:THE STONES KYOTO

THE STONES KYOTOは京都駅八条口の近くにあるアイリッシュパブで、2020年5月にオープンしたばかりの新しいビアパブです。樽生ではギネスとキルケニーなどのアイリッシュビールのほか、日本各地のクラフトビールが楽しめます。

アイリッシュパブなので、ビールのほかウイスキーのラインナップも豊富です。がっつり食べられるフードメニューも充実しているので、ディナーでもバーとしても利用できます。

うちゅうブルーイングのビールが飲める京都駅近のアイリッシュパブ

THE STONES KYOTOの嬉しいビールラインナップがうちゅうブルーイングのビールです。うちゅうブルーイングは山梨県北杜市にあるマイクロブルワリーで、自家製ホップにこだわっています。芳醇なホップの香りとキリっとした苦みの強いIPAが得意で、クラフトビール好きのファンが多いブルワリーです。

ギネスやキルケニーなどのきめ細やかな泡の樽生を味わったあとに、ガツンと楽しんでほしいビールです。

THE STONES KYOTOの予約はこちらから

京都でおすすめのビアパブ⑩:家守堂

家守堂は京都のクラフトビールのなかでも、小さな規模でビール醸造を行っており、おしゃれでモダンなビアパブを併設しています。日本酒醸造で有名な京都・伏見にあり、自家製クラフトビールと日本酒が楽しめるお店です。

家守堂はビールはもちろん、パブの設計にもこだわり、京町屋とスタイリッシュな和の雰囲気を見事に融合させたおしゃれな店内も魅力です。

家守酒造オリジナルビールが飲める!スタイリッシュなおしゃれパブ

家守酒造は「ビールに旅をさせないこと」をコンセプトに、その土地でしか飲めない最高の状態のビールを提供することを大切にしています。

家守酒造のビールはホップにこだわっており、日本産のソラチエースを使用したデスティーノや宇治産の雁ヶ音茶と柚子を使用した茶かぶきがおすすめです。販売用のビール瓶ラベルには狐がデザインされており、全国の稲荷神社の総大社・伏見稲荷を連想させます。

家守堂の予約はこちらから

京都のビアパブを巡る!京都旅行

京都は街の規模はあまり大きくないですが、クラフトビールの醸造所やビアパブが多く、徒歩でビール巡りができるほど、近距離にたくさんのパブがあります。

醸造所併設のパブで古きよき京都を楽しみ、アイリッシュパブでイギリス旅行も楽しめる、時空を超えたような旅体験ができます。有名な京料理も素晴らしいですが、京都のビアパブ巡りは乙な楽しみ方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました